オリジナル作品が読める♪おすすめ漫画アプリ Part.1

ライフスタイル

世の中にはたくさんの漫画を読めるアプリが存在します。

どの漫画アプリがいいのか…?と迷ったことはありませんか?

そんなあなたにおすすめの漫画アプリ3つ、各漫画アプリで読める作品と一緒にご紹介していきます。

おすすめ漫画アプリ3つ!

の3つのアプリに焦点を当て、5作品ずつ3記事に分けてお届けます。

おすすめ漫画アプリ1:マガポケとは?

おすすめの漫画アプリ1つめは「マガポケ」とは、
週刊少年マガジン
別冊少年マガジン
の公式漫画アプリです。

配信している有名作品は

  • ダイヤのA
  • 化物語
  • FAIRYTAIL
  • 進撃の巨人

などがあります。

マガポケのオリジナル作品おすすめ5選

まずはマガポケからおすすめの5作品を紹介します。

おすすめ1:微妙に優しいいじめっ子 / もすこ


マガポケで読む

『僕は いま いじめをうけている』
地味でさえないいじめられっ子の田村くんは、いじめっ子で不良の木崎くんから、毎日毎日いじめを受けています。
パシリにされたり。ゴミを押し付けられたり。…けれど、なんでだろう。
そのいじめは、なんだか微妙に優しくて。

ほんとうにこれはいじめなのか…?
と思うくらいほっこりするストーリーの連続で思わずニヤけてしまう方もいるのでは??

いじめとはなんなのかと問われた時、即答できる人は多くはないであろう。
どこからがいじめでどこからがいじめではないのか…
人との関わりなども学べる素敵な作品です。

おすすめ2:イジらないで、長瀞さん / ナナシ


マガポケで読む

憎たらしいけど愛おしい
苦しいのに傍にいたい。
あなたの中の何かが目覚める、“ Sデレ少女 ”の物語

1話で読むのをやめないで欲しい作品です。
2話からの先輩と長瀞との関係を見ていたらこんな関係もありなのではないだろうか…?
と思うこと間違いなし。

おすすめ3:君が僕らを悪魔と呼んだ頃 / さの隆


マガポケで読む

かつて、僕は悪魔だった。
半年間の失踪を経て、それ以前の記憶の全てを失ってしまった斉藤悠介。
実感のない自分と折り合いつけながら日々を過ごしていた彼の前に、膨大な過去の罪が立ちはだかる。
知らされていた“ 自分 ”は歪な嘘。
仮面の下にあったのは、あまりに醜悪な“ 悪魔 ”の姿。
奪われた記憶と、拭えない罪。
平穏は脆く、儚く、崩れ去る。
─さて。俺が殺したのは、どこの誰だ?

この漫画は1話から面白い展開が始まる作品です。
なぜ主人公・斉藤悠介は記憶をなくしてしまったのか?
本当の自分とはなんなのか?を探していく新しいサスペンス漫画になっています。

おすすめ4:殺人予告はあの頃 / 伊藤イット


マガポケで読む

遊びのつもりだった。
中学時代にwebサイトを作った。
書き込んだら何でも叶えてくれる『虚構人間』
そういう “ 設定 ”だった。
数年後 “ 虚構 ”が現実を侵食しはじめる。
次々に実現される過去の書き込み。
何故、どうして、こんなことが起こるのか。
これを食い止める術はあるのか
大切な人を守るため、冴えないフリーター遥丘彼方の戦いが始まる──!!

【 自業自得 】という言葉はよく聞くけれど、こんなにも苦しい自業自得はあっただろうか…
毎話毎話気になる展開に目が離せません…!
こちらは既に完結しているので『続きが気になって夜も眠れない』なんて人にぴったりな作品です。

おすすめ5:ダメな彼女は甘えたい / よしだもろへ


マガポケで読む

人の頼み事を断れないお人好し男子高校生・上埜一等。
両親とも失踪して一人暮らし中彼が遭遇したお隣さんは…メガネを外せばとびきり美人だけど、普段はだらしない女性漫画家・野薔薇ひふみ。
甘えんぼで依存体質な彼女との、ドキドキな隣人生活が始まる!?

とにかく野薔薇ひふみの可愛さにハマる作品です。
中でも『確かに』と思わせられるセリフがあったり…
これから2人がどんな関係になっていくのかとても気になる作品です。

今回はマガポケから5作品紹介させて頂きました。
マガポケでは作品チケット(無料)やポイントで漫画を読むことができます。

ちょっとしたスキマ時間にぜひ読んでみてください (^O^)

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ
開発元:Kodansha Ltd.
無料
posted withアプリーチ

Pollun Girl

ポルンガールズも働くベルシステム24は一緒に働くメンバーを募集しています♪
お仕事を探す!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。