1万株のバラに包まれてまるで夢の中♡京成バラ園の魅力をたっぷりご紹介

お出かけ・スポット

千葉県八千代市にある「京成バラ園」を皆さんはご存知ですか?
京成バラ園は1,600品種10,000株のバラが香るとても大きな日本有数のバラ園です。


photo by Instagram @moepiii_t

世界に誇れるバラの作出と日本にバラの文化を広めたいとの思いから1959年に京成バラ園芸は設立されました。以来、世界のバラコンクールにおいて数多くの賞を頂き、当社が作出したバラを世界に広めてまいりました。また、世界中の著名なバラを日本国内に紹介しバラ文化の普及にも努めております。
引用:京成バラ園 バラ園とは?
URL:http://www.keiseirose.co.jp/garden/about/

そんな「京成バラ園」の魅力を今回はたっぷりとご紹介します!
※この記事の画像はすべて2018年のものです。

魅力その1.1600種類のバラ


photo by Instagram @__nyanchan95__

京成バラ園には1,600種類ものバラが植えられており一度に様々な種類のバラを楽しむことができます!

バラといって思い浮かぶのは赤いバラな方が多いかとは思いますが京成バラ園では、薄ピンク・濃いピンク・オレンジ・イエローなど本当に色々なカラーのバラが楽しめるんです。


photo by Instagram @mau08us

こちらはオレンジとイエローのバラがとても綺麗に写っていますね♪

同じ京成バラ園の中でも撮る場所によって、全く違う場所に来ているかのような写真を撮ることができるのも京成バラ園ならではの魅力です。

魅力その2.バラフード&ドリンク

京成バラ園の中には様々なバラをあしらったフードやドリンクが販売されています。

photo by Instagram @__nenecouture

こちらは”ローズサイダー
レトロなパッケージが可愛いだけでなく味もバラの風味が鼻からふわっと抜ける上品なお味だそう♡


photo by Instagram @m1chan_insta

ローズレモネード“も京成バラ園では味わうことができます♡

英語のロゴが入った瓶も飾っておきたいくらき可愛いと大人気のローズレモネード。

ピンクのガーリーな世界観が魅力的ですね♡


photo by Instagram @shizupink

こちらは”バラのソフトクリーム
ピンクのソフトクリームとバラを一緒に写せばフォトジェニックなこと間違いなし♡もちろん見た目だけでなく味もとっても美味しいそうで大人気なソフトクリームです。


photo by Instagram @mau08us

こちらは大人気のジェラート専門店「da luciano」とのコラボジェラート
上のジェラートが”ピュアローズティー”
下のジェラートが”ローズペタル”だそう♪

他にも数種類の薔薇のジェラートが販売されていたそう♡

魅力3.ローズフェスティバル2019


photo by Instagram @erinko0315

京成バラ園と言えばなんといっても毎年恒例の「ローズフェスティバル」
2019年のローズフェスティバルの今年の日程は5月10日(金)から6月16日(日)と発表されました♡

今年のローズフェスティバルの開催中のイベント日程は以下の通りです♡

ローズフェスティバル2019
~おいしい恋しいバラ園~
5⽉10⽇(金)〜 6⽉16⽇(日)

  • オープニングイベント:5月10日(金)
  • ローズガーデンガイドツアー:5月11日(土)~6月2日(日)、6月8日(土)、9日(日)
  • 詳しくは京成バラ園の公式サイトのイベント情報をご覧ください。
    ローズフェスティバル2019

新品種「恋きらら」をメインにした「おいしい恋しい」が今年のテーマ。

ローズフェスティバル期間中に是非訪れてみてください♪

バラの香りに包まれて


photo by Instagram mariachan914

千葉県八千代市にある素敵なバラ園『京成バラ園』をご紹介致しました。

薔薇の香りに包まれて素敵なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか?

京成バラ園

〒276-0046
千葉県八千代市大和田新田755
営業時間(ローズフェスティバル期間)
9:00〜18:00
入園料(ローズフェスティバル期間)
大人 ¥1,200
シニア・障害者 ¥900
小・中学生 ¥200
団体(20名以上) 大人¥900 小中学生¥100
年間パスポート ¥3,000
※全て税込価格

Pollun Girl

ポルンガールズも働くベルシステム24は一緒に働くメンバーを募集しています♪
お仕事を探す!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。